枯れない花であるプリザーブドフラワー

枯れない花であるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの最大の特徴は枯れないということです。
特殊な薬品を使って花を加工することによって作った当時のままの姿を保つことができるんですよ。
きれいな花の最大の欠点は必ずしおれたり枯れてしまうということでしたが、プリザーブドフラワーは決して枯れたりはしないのです。
そして、現実にはあり得ない色のファンタジックな花を作り出してしまうことも可能なのです。
プリザーブドフラワーは自分でも作ることが可能です。
お店にお花の加工や着色に使う薬液やパーツなどが販売されていますし、作り方をレクチャーしてくれる教室もあります。
枯れないウエディングブーケを作るために通う女性が多く、ブーケ作成用のコースもあります。
自分で作らなくても、お店で売っているものを買うのもいいでしょう。
プロが作っているので花や小物のデコレーションにこだわりが感じられますし、完成度の高さが魅力です。
プリザーブドフラワー専門店も増えていますが、花屋さんが生花とは別に扱っている所もあります。
誕生日プレゼントや母の日のお祝いなどのあらゆる用途向けのギフトとしてもいいですが、自宅用のインテリアとして飾っておくと家の中が一気に華やかになります。

手作りのプリザーブドフラワーでブーケを

自分好みの花材でプリザーブドフラワーのブーケを作りたいなら、まずは教室でレッスンを受けましょう。
短時間で作りたい人向けに一日でブーケを完成させられるコースと、本格的に基礎から学べるコースとがあります。
結婚を控えている女性本人の場合は短期コースの方が便利かもしれませんが、お友達に渡したいならディプロマコースでプリザーブドフラワーを一から学んで本格的な物を手作りできるようになりましょう。
教室ではラウンドブーケや和装の結婚式とも相性がいいボールブーケの他、様々な形のブーケを作れますし、その他にも結婚指輪を乗せておくリングピローや、花嫁さんの頭や手に付ける飾りなどもすべて手作りが出来ます。
新郎が胸につけるブートニアと呼ばれる花飾りも作れますよ。
ディプロマコースはその名前の通り、資格を取るためのコースですから、プロとして作品を作ったり教室を開いてプリザーブドフラワーの作り方の指導もできるようになります。
趣味で作る場合も花材業者と提携できることも。
開業のサポートも教室側が行ってくれますから不安もありません。
ブーケを作るまでの間だけ通うにもいいですし、自身のキャリアに繋げるためにプリザーブドフラワーについて学ぶのもいいでしょう。

プリザーブドフラワーをネットで選ぶなら

プリザーブドフラワーギフトと手作りキットの通販専門店です。

プリザーブドフラワー

コンテンツ
新着情報

◎2017/5/9

人気の理由とは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/16

初心者必見!
の情報を更新しました。

「プリザーブドフラワー 手作り」
に関連するツイート
Twitter